第7回 チームケア学会が開催され、当施設の職員が登壇致しました。


2022年9月13日(火)、9月14日(水)に第7回チームケア学会が開催されました。

第7回目を迎える今年のテーマは『「人生100年生きるためのリテラシー」ケアの基本、より自由になるために』です。

チームケア学会とは、湖山医療福祉グループに属する各法人が、ケアに対する取り組みや研究の成果を学会形式で発表する会のことです。

1日目は湖山医療福祉グループの各法人から選ばれた95もの研究事例が、オンラインにて発表されました。

 

2日目は、明治大学駿河台キャンパスにおいて、シンポジウム『ケアプラン今目的課題と将来展望~自分らしさを求めるために』が行われ、オンラインでも配信されました。

渋谷区つばめの里・本町東からも、介護支援専門員がパネリストとして登壇し、ご自身の家族の介護経験を通じて感じたことや、介護支援専門員として、大切にしている想いなどを講演致しました。

会場には、施設長と介護長も応援に駆け付けました。

学会とは、どこの施設でも同じように展開できるような、事例や研究の結果を発表する場となっております。
今回発表された事例を施設内でも展開し、多職種一丸となって、より質の高いサービスを提供出来るように取り組んで参ります。

(渋谷区つばめの里・本町東 広報担当)