VR認知症体験会を開催しました


みなさん、こんにちは。
渋谷区つばめの里・本町東です。

12月11日(土)にカメリア会主催のVR認知症体験会がつばめの里で開催されました。

このVR認知症体験会は、株式会社シルバーウッド様のご協力の元、「VR(バーチャルリアリティ)の技術を活用し、認知症の中核症状を体験する」というものです。
当日は内定者の方々、渋谷区つばめの里・藤沢SST・本部職員の職員含め、12名の方が参加しました。

また、新型コロナウィルス対策の為、参加される皆様には抗原検査を実施し、陰性を確認した上でご参加いただきました。

360°映像が見えるので、参加しているみなさんはそれぞれ、横や後ろを見渡しています。

認知症の患者数は年々増加しており、2025年には認知症高齢者は700万人前後に増え、その有病率は20%前後、つまり高齢者の5人に1人が認知症になるとの予測です。

認知症の中核症状において【視空間失認】、【レビー小体型】、【見当識障がい】についてのVRを視聴し、どんな気持ちになったか、実際にどうしてもらえば嬉しいのかをディスカッションしました。
「認知症にはどんな症状があるんだろう」と疑問に対し、実際に体験することで、今後の日常生活や、業務に活かせるようなイベントでした。

最後は、ご参加いただいたみなさんと記念写真を一枚。

カメリア会では今後も様々な研修を企画して参りたいと思います。

(渋谷区つばめの里・本町東)