介護ロボット「パロ」がきた!


みなさん、こんにちは。

年が変わり寒さも本格的になってきた今日この頃。

みなさんは体調等は大丈夫でしょうか?

さて、先日、渋谷区の 高齢者福祉課の職員さんよりメンタルコミットロボ「パロ」 をお借りいたしました。

メンタルコミットロボット「パロ」はギネスブック(2002年)にも認定されている「世界でもっともセラピー効果があるロボット」です。姿はタテゴトアザラシの赤ちゃんで、多数のセンサーや人工知能の働きによって、人間の呼びかけに反応し、抱きかかえると喜んだりするほか、人間の五感を刺激する豊かな感情表現や動物らしい行動をし、人を和ませ、心を癒します。

認知症の高齢者などのセラピーにも効果を上げており、高い評価を得ています。日本でもパロのセラピー効果が注目され、現在、介護福祉分野での導入が進んでいます。

そんな人気者のパロの「くーちゃん」がつばめの里にも来てくれました♪


今後、全事業所で活躍してもらう予定ですので、面会時などユニットでお見掛けしたさいには、ぜひ声をかけて撫でてあげて下さい♪

ちなみにひげを触られるのと水が嫌いとの事です!!

充電中・・・。

「くーちゃん」の活躍話しなどはまたみなさまにご報告いたしますので楽しみにしていてください♪

管理部広報委員より