七夕イベント


みなさん、こんにちは。

曇天の影響で肌寒い日も多い7月ですね。

 

さて7月の行事といえば七夕‼

という事で、つばめの里では笹に願い事を書いた短冊・手作りの七夕飾りを入居者様と一緒に飾りました♪

 

 

笹に願い事を書いた短冊を飾るというのは、七夕イベントではよく見る風景といえますが、みなさんはなぜ笹に願い事を書いた短冊を飾るのか、その由来はご存じですか?

 

所説ございますが、

 

7月7日七夕の夜、織姫と彦星は待ちに待った

「再開」という願いを叶えます。

人々は「二人のように、願い事が叶いますように」と短冊に色々な願い事を書き笹や竹に飾るというのが由来とのことです。

 

 

 

入居者様にそもそもなぜ笹や竹に飾るか聞いてみました。                                           「冬でも緑を保つでしょう。雨や風どんな日でもまっすぐに育つ生命力にあふれた植物だからね、昔から不思議な力があるって言われているのよ。神聖な植物に願いを掛けるのよ」と教えて頂きました。

 

皆様の願い事が叶いますように

 

 

(行事広報委員より)